スラング(使い方に注意)

【スラング】やられた!Son of a bitch

ネイティブとの会話よりも、映画や刑事ドラマを観ている時に、よく出て来る言葉の一つに、"Son of a bitch"があります。これもまた、スラングの一つで、あまりきれいな言葉ではありませんが、知っていると英語の映画やドラマを、より楽しめるようになります。 "Son of a bitch"は誰に使……
続きを読む

しまったー!|Shootの意味と使い方

英語のネイティブスピーカーが一緒に話しているのを聞いていると、自然に使っているようでも実はスラングなので使わないほうが良い言葉が幾つもあります。中には、スラングなのか、それとも俗に使っても大丈夫なのか、曖昧な言葉もあります。 そんな中のひとつに、"Shit"という言葉があります。うっかり終電を……
続きを読む

なーんてこった!|Holy cow の意味と使い方

友達との会話で驚いた時に、"Holy Cow!" ということがあります。 "Holy"は、驚いた時に使われる言葉で、使いようによってはスラングになってしまうこともあるので注意が必要です。 "Holy Cow"は、驚いた時に「なーんてこった!」という意味で使われることが多く、様々な場面で使うことがで……
続きを読む

スラングシリーズ 超すごい|Fucking の意味と使い方

スラングの中には、怒った時に使う言葉や、人をけなす言葉だけでなく、何かを褒める時にも使われることがあります。日本語でも、おいしいものを食べた時に「超うまい!」と言ったりしますね。ただし、いくら褒め言葉でも、スラングであることには変わりないので、これもまた使い方には十分注意しましょう。知識として頭に入……
続きを読む

【スラング】Assholeの意味と使い方

本日も俗語・卑語・隠語を意味する英単語、スラングについてお伝えしていきます。スラングは、ネイティブとの会話において、知っていると会話もスムーズですが、やや汚い言葉になるので、使う際には注意が必要です。また、使い方を間違えると、相手を傷つけたり、驚かれてしまう場合もあります。 "Asshole"は人……
続きを読む

【スラング】Jackassの意味は「くそ野郎」

既に何度かお伝えしているように、英語には「スラング」と呼ばれる言葉があります。スラングは、ネイティブスピーカーが日常生活の中で口にする言葉ですが、やや汚い言葉なので、ネイティブでも使う相手や場所をわきまえています。小さな子供の目の前では、ほとんどスラングを使いません。日本語では、「うざい」「ちょー」……
続きを読む

【スラング】ありえないー!No way!の意味と使い方

ネイティブがよく使うスラングの一つに“No way!”があります。日本語では、ありえない!のようなニュアンスで用います。 “No way!”も実はスラング用語 “No way!”は、スラングの一つだとされていますが、友達との会話の中で非常によく使われている言葉です。意味としては、「ありえない!」……
続きを読む

【スラング】want toとwannaの使い方

日本の学校では英語を勉強する際に、”want”と”to”を組み合わせて”I want to go”や”I want to eat”のような文章を作るように学びます。この言い回しは、ネイティブにも当然、通じます。しかし、よく聞いてみると、ネイティブ同士が”want to”と言う時に”wanna”と言っ……
続きを読む
PAGE TOP