ワーキングホリデーができる国~ヨーロッパ編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワーキングホリデーでヨーロッパ生活を体験

ワーキングホリデーができる国は英語圏だけでなく、ヨーロッパでも海外生活を体験することもできます。

ヨーロッパエリアでは、アイルランドやデンマーク、ドイツ、ノルウェー、そしてフランスにワーキングホリデーで行くことができます。現地で仕事をするとなると英語だけでなく、それぞれの国で母国語とされる言語を習得する必要もありますが、憧れの国で働いて生活を満喫する夢を叶えることができます。

なお、ヨーロッパへのワーキングホリデーでも、英語ができるとさらに安心です。

フランス

フランスは、生活費が高めですが、自炊をすることにより、日常の出費を最小限に抑えることができます。

現地で仕事を見つけるためには、フランス語を話せることが条件です。ヨーロッパの中でも、多くの人が憧れる国で、世界遺産も多いため、日頃の生活のなかでも、観光を楽しむことができます。

アイルランド

日本人が少ない英語圏にワーキングホリデーで行くのであれば、アイルランドがオススメです。

ワーキングホリデービザの発給には限りがあるので、早めに申請をするとよいでしょう。物価はかなり高いのですが、時給も高いので、英語を話すことができれば、仕事も見つけやすいでしょう。

ドイツ

ドイツは、日本からでもドイツからでもビザを申請することができ、発給数に限りもありません。

ヨーロッパの中では物価が高い方ではないので、生活費を抑えたい人にもおすすめです。英語で対応できる仕事があるだけでなく、インターンシップにも挑戦しやすいことがドイツの特徴です。

デンマーク

デンマークも生活費はかなり高いので、節約を意識した生活を心がける必要があります。

しかし、平均的に時給も高いので、仕事を見つけることさえできれば、たまに遊びに行く余裕は生まれます。2ヵ国語を学ぶことができる環境にも恵まれてるため、留学を考えて渡航する人もいます。

ノルウェー

英語で過ごせる環境にも恵まれているノルウェーは、フレンドリーで誰とでも仲良くなれる性格の人に特にオススメできる国です。

物価は高いので、資金は多めに用意しておくと安心です。また、物価は高くても、時給も高いので、仕事が見つければ問題ないでしょう。

ヨーロッパ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PAGE TOP