ワーキングホリデーができる国①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワーキングホリデーの行き先は?

ワーキングホリデーには基準がありますが、「海外で生活してみたい!」という人の夢を実現してくれる素晴らしいビザです。

日本人に向けてワーキングホリデービザを発行している国は、現在20ヵ国もあります。ワーキングホリデーで、どのような国に渡航することができるのでしょうか。ここでは、初めての海外でも挑戦できる国を紹介していきます。

初心者にオススメの国

まだ英語を勉強し始めたばかりで言葉に不安があるという人や、海外生活初心者にお勧めの国は、オーストラリアやカナダ、ニュージーランド、イギリス、そして韓国です。

韓国は英語圏ではありませんが、韓国語は日本語と言葉や文法が似ていることから学びやすく、文化的にも他の海外に比べると似ているところも多いため、日本人が馴染みやすい国として挙げられます。

オーストラリアやカナダ、ニュージーランド、イギリスは、英語を使って海外生活を経験してみたい人や、ワーキングホリデーを通して英語を上達させたい人にオススメの国です。

同じ英語圏でも、国によって訛りがあるのも特徴です。

オーストラリアやカナダ、ニュージーランドは自然が多いため、のんびりとした雰囲気の中でワーキングホリデー生活を楽しみたい人にオススメで、なかにはファームステイを楽しむ人もいます。カナダは自然が多くありますが、バンクーバーやトロント、モントリオールなど、大きな街に行くと、自然と都会がひとつに統合した街並みを楽しむことができます。本格的なイギリス英語を学びたい人には、やはりイギリスがオススメです。

英語以外にも、フランス語も学びたい人は、カナダの母国語が英語とフランス語になっているため、カナダのケベック州に行けばフランス語を学びながら、フランス語を使った生活が送れるでしょう。

 

PAGE TOP