フィリピン留学中の交通手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィリピンでの交通手段

日本では、大きな鉄道があちこちにあることから、電車やバスを使って様々な場所に行くことができます。しかし、フィリピンではそのような大きな交通手段がないことから、ローカルの交通手段を使いこなして移動する必要があります。
フィリピンのローカルな交通手段には、タクシーかジプニー、もしくはトライシクルになります。
その中でも最も多く使われているのがジプニーになりますが、フィリピン留学で、現地の生活になれていない頃には、タクシーを使った移動が無難です。

タクシー

タクシーは、目的地まで連れて行ってくれることから、フィリピンでの生活に慣れていない時期でも安心して移動手段として使うことができます。タクシーの初乗り料金は30ペソになります。しかし、日本人はお金持ちだと思われていることから、お客が日本人だとわかると高額な金額を請求されることがあります。
タクシーを利用する場合には、タクシーに乗って目的地を聞いた時に、おおまかな料金を聞いておくとよいでしょう。また、移動中に、運転手がメーターを動かすように促すことにより、高額な請求を避けることができます。
おかしいと感じたらすぐに停めてもらい、新たにタクシー乗り場から別のタクシーを探すようにしましょう。
タクシーを利用する場合には、流しのタクシーではなく、タクシー乗り場にいるタクシーを利用するということも覚えておく必要があります。

ジプニー

フィリピン現地の人が最も多く使っているのがジプニーです。ジプニーを利用する場合には、1ペソ、5ペソ、10ペソ硬貨をもって乗る必要があります。屋根が低くて混雑もすることから、初めのうちは乗りにくいと感じることもあるでしょう。人ごみではスリなどの事件も発生しやすいことから、バッグなどは膝の上にのせて手を離さないように注意を払う必要があります。

トライシクル

トライシクルもジプニーと同じように、1ペソ、5ペソ、10ペソ硬貨をもって利用します。ジプニーとの違いは、トライシクルは小さくて小回りが聞くことから、小さな道なども通ることができるという点です。

高速バス

セブ島南部から北部にかけて移動する場合には、高速バスを利用することができます。高速バスは、バスターミナルから利用することができます。離島に行く時はフェリーを利用することもあるでしょう。

フィリピン道路

PAGE TOP