フィリピンの授業はマンツーマン①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

欧米の学校でのスタイル

欧米での学校のスタイルは、講師一人に対して10人前後の生徒が集まって授業が進められます。欧米では、講師一人を雇うための費用が高いことから、グループレッスンが多く行われるのです。欧米の学校でも希望にあわせてマンツーマンの授業を提供している学校もありますが、授業料が高額になってしまうのが特徴です。
欧米でマンツーマンや少人数制の授業を実現しようとすると、フィリピン留学の3倍近くの費用がかかってしまうのが現実です。

グループレッスンの特徴

グループレッスンでは、他の生徒の意見を聞いたり、周りを意識しながら英語を学ぶことができうというメリットがありますが、10人前後の生徒が限られた時間の中で学ぶためには、一人の生徒が発言できる時間が限られてしまいます。授業の内容によっては、発言できないままその日の授業が終わってしまうこともあるのが現実です。

自分のゴールに合わせられない

グループレッスンでは、授業の時間に他の生徒と同じ内容の授業を受ける必要があることから、自分だけのゴールに合わせて学ぶことが難しくなります。グループレッスンで行われている授業内容がたまたま自分のゴールと合っている場合には、自分にグループレッスンを通して自分のゴールに向かって勉強を進めていくことができますが、やはり発言の回数は限られてしまいます。

マンツーマン授業で上達する

マンツーマン授業では、自分の目標に合わせて授業を進めていくことができることから、他の生徒さんに合わせる必要もなく自分のペースで英語を学ぶことができます。さらに、マンツーマン授業では、講師一人に対して生徒も一人なので、発言の数はグループレッスンに比べるとぐんと多くなります。そのため、短期間で英語力を伸ばしたいという人でも、マンツーマン授業であれば、より短い期間で、より早く上達することができるのです。

教室

★留学前の予習に最適!大人気のマンツーマン・オンライン英会話★

PAGE TOP