【フィリピン留学】マンツーマン授業が魅力的②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マンツーマン授業の不安

フィリピン留学では、多くの学校がマンツーマン授業を提供しています。留学をスタートする時点では、まったく英語を話すことができないのに、いきなり先生と1対1のマンツーマン授業で大丈夫なのか?という不安を抱える人もいるでしょう。先生の言っていることがわからなかったり、理解することができても、思ったことを上手に英語で話すことができないとやはり不安だという気持ちになることは、多くあるようです。

フィリピン人の先生はフレンドリー

留学において、英語での会話だけでなく、先生との相性なども不安に思う人が多いでしょう。しかし、実際にフィリピン留学に来てみると、そんな不安はそっちのけになるほど先生たちがとてもフレンドリーで、一度授業を受けたら次の授業が楽しみになるほど、親身に取り組んでくれます。英語を勉強しに来ているのだから、英語で上手にコミュニケーションを取ることができないのは当たり前、それを乗り越える手助けをしてくれるのがフィリピン人の講師たちです。間違えを恐れることなく、積極的に取り組むことで、より多くのものを学ぶことができるでしょう。

フィリピン人も英語は第2言語

英語をペラペラと話しているフィリピン人ですが、そんなフィリピン人にとっても英語は第2言語なのです。欧米での留学では、英語が第1言語なので、わからないことについて理解してもらうのが難しい場合もありますが、英語を第2言語とするフィリピン人の先生は、英語がわからないという気持ちを上手に理解してくれます。また、どのように説明をしたらわかるのかといった点も知っていることから、わからないところをそのままにすることなく、自分のペースに合わせて先生と一緒に勉強を進めていくことができるのです。留学生活が終わった時には、英語力やコミュニケーション能力に差が出ていることに気づくでしょう。

フィリピン人講師

PAGE TOP