人気の留学方法:2ヵ国留学!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2ヵ国留学は韓国からの影響

英語を話す人口が多い国には、アメリカ、イギリスとありますが、フィリピンはその中でも第3位に入っています。韓国では、転職や就職の際に、英語を話すことができる人材が求められることが多いことから、留学を通して英語力を身に着ける人が多くいます。フィリピンにある語学学校にも、韓国を資本とした語学学校が多くあるのも現実です。韓国では留学のシステムが進んでおり、フィリピン留学をすることにより、大学の単位を取得することができる学校もあります。

フィリピン留学の後にワーホリ

フィリピン留学は、欧米国に比べると安く留学をすることができることから、最近では、フィリピン留学である程度の英語力を身に着けてから欧米国にワーホリで行くという人も増えています。ワーホリでは、語学学校に通って勉強することもできますが、せっかく働くこともできるビザを使うのであれば、勉強はワーホリ前にしておき、身に着けた英語力を使ってワーホリ生活をより充実したものにすることができます。

日本でも2か国語留学がトレンドに!

フィリピンに留学して英語を勉強してから欧米国に行くという2か国語留学が、最近では日本と韓国の中で主流になりつつあります。英語を全く話すことができない状況でいきなり英語だけの欧米国に留学またはワーホリで行くよりも、フィリピン留学を通してある程度の英語力を身に着けておくことで、安心して欧米国にわたることができるのです。

欧米国に留学する場合でも、フィリピン留学において日常会話や英語の基礎を学んでおくことにより、より多くのものを欧米国の留学を通して学ぶことができます。こういった2か国語留学は、これから先もさらに増えていくとされています。

留学

PAGE TOP