英語が喋れるようになる方法(その2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語は音読が大切!!

英語を喋れるようにするためには、口が英語をしゃべることに慣れる必要があります。かといって、これまで日本語だけを喋ってきたのにある日突然英語を話せと言われても、そう簡単にはいかないのが現実です。
口を英語に慣らすためには、音読をして慣れていく必要があります。
できることならば、音声と文章がそろった教材などが最適です。まずは英語を聞きながら文章を目で追って読みます。この際には、呼んでいる英語を日本語に翻訳しようとするのではなく、読んだ英語からそのまま直接、頭の中でイメージするようにしましょう。こうすることで、翻訳した言語としてではなく、自分が実際の生活の中で使っていく言語として英語を習得することができます。

文章のイメージがわくようになったら、耳で聞いた英語とできるだけ同じようになるようにマネしながら音読します。慣れてきたら、オーバーラッピングをすることで、発音を綺麗にしていくことができます。

見ないで言えるようにする

何度か英文を音読し、その情景をイメージできるようになったら、次は英文を見ないでその文章を言うことができるように練習します。英文を見ないでもいうことができるようになったら、実際にそのシチュエーションに遭遇した時に、文法や日本語からの翻訳などを考えなくても英語で言うことができるようになります。こうすることで、自然に英語が口から出てくるようになるのです。

英語が喋れない理由

TOEICなどで高得点を取っても、実際には英語をしゃべることができないという人は実は多くいます。英語力があるのに英語を喋ることができないのは、頭の中で英語から日本語、日本語から英語に翻訳しようとしているからなのです。一度ついてしまった癖を治すのは大変ですが、上記で述べたように、英語を聞いて、その情景をイメージするようにして習得していくことにより、頭の中で翻訳することなく英語を喋れるようになるのです。

ここまでできるようになったら、英会話教室に通ったり、ネイティブの友達を作って、現場で英語をしゃべる経験を積んでいきましょう。

橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PAGE TOP