英語でスモールトーク!―天気の話題―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語で天気の話題をしてみよう!

ネイティブスピーカーとの会話を盛り上げるのに、スモールトークを上手に進めることができると話題が盛り上がり、英会話の経験も積んでいくことができます。今日は、天気の話題で使えるスモールトークを紹介していきます。

今日は良い天気ですね

晴天で気持ちの良い日には、今日は天気がよくて気持ちよいですね、と話題をふることができます。そんな時には、”it’s such a beautiful day, isn’t it?”ということができます。長いセンテンスを上手にいうことができないという人は、”It’s beautiful today”や”Nice day today!”など、短い文章でも表現することができます。

今日は妙な天気ですね

日によっては、雨が降ったかと思ったらいきなり晴れたりなど、よくわからない天気の日もありますよね。そんな時には、”It seems mysterious weather today.”ということができます。それ以外には、”It’s such a mess today.”や”We get all kind of weather today.”などの表現方法もあります。

寒いですね

冬になると、「今日は寒いですね」という会話もよく交わされるでしょう。そんな時には、”It’s cold today.”ということができます。いつもよりも一段と寒い時には、”It’s really cold today.”と、寒さを強調して表現することもできます。凍えるくらい寒いという時には、”It’s freezing today.”ということもできます。

涼しいですね

「涼しい」は、”cool”と表現することができます。「今日は涼しくて気持ちよいですね。」と言いたい時には、”It’s nice in cool today.”ということができます。

暑いですね

「暑い」を表現する時には、どのような暑さなのかによって表現を変えることができます。カラカラに干からびそうなほど暑い時には、”It’s burning hot!”と言います。蒸し暑い時には、”It’s so humid”または、”It’s so sticky.”と言うことができます。

何気ない天気の話題ですが、表現方法を知っておくことにより、スモールトークのきっかけとなることもあるので、覚えておくとよいでしょう。

Thurnder

PAGE TOP