買い物で使う英語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語でショッピング!

海外旅行や留学で海外に出ると、ちょっと買い物をするだけでも英語になるので緊張することもあるでしょう。英語で何か着かえたらどうしよう、と不安になる人もいるでしょう。しかし、そんな不安は、買い物の際によく使う英語を前もって知っておくことによって解決することができます。
どんな会話が買い物の際にされるのか、どんなことを聞かれるのか知っておくことで、スピードの速いネイティブの英語でも知っている言葉は意外と聞き取れるものなのです。ここでは、買い物の際によく聞かれる質問を英語で見ていきましょう。

まずは挨拶

日本では、買い物に行くと「いらっしゃいませ」と言われます。お客はそれに応えなくても良いのが日本ですが、海外では少しことなります。レジに行くと、まず最初に”How are you”または、”How are you doing today?” “How is your day going?”と聞かれます。そして、それに対してお客も答えるのが海外でのマナーです。あまりしゃべりたくない時には、”I’m good thank you”ということで、会話が終わることがほとんどです。喋りたい時には、”I’ve been so busy”などといって、ちょっとしたスモールトークを交わすこともできます。

金額を言われたら

レジに行くと、合計金額を言われます。例えば、$3.53の場合には、”Five Fifty thee”と言われます。しかし、英語を学び始めたばかりの人にとっては、スピードの速い英語で数字を聞き取るのは至難の業です。慣れるまでは、表示されている数字を参考にするとよいでしょう。また、最初の部分だけ聞き取ることができれば、3ドルといくらかだということがわかります。そういった場合には、4ドル出すことにより、おつりをもらうことができます。
クレジットカードで支払う場合には、”I would like to pay by credit card.”と言うと、クレジットカードの機械を渡してくれます。カードを入れて、指示に従い、ボタンを押していくことで支払いを完了することができます。

Would you like receipt?

支払いを終わった後によく聞かれる質問です。「レシートはいりますか?」という意味で、レシートが欲しい時には”Yes, please”、そして、いらない時には、”No, thank you” または、”No, I’m good.”と言って丁寧に断ります。

締めの挨拶

買い物が終わった時には、締めの挨拶もあります。ありきたりではありますが、”Have a wonderful day”や”Enjoy your day”などと言われます。”Thank you, you too!”などと返事をしてお店を去ると、お互いに気持ちよく買い物を終えることができるでしょう。日本で言うと、「ありがとうございました。またお越しください」のようなものです。

ドーナツ

PAGE TOP