Crushの意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Crushの意味は?

Crushの意味を辞書で調べてみると「ぶつかる」というような意味が出てきます。しかし、「ぶつかる」と一言で言っても実際に使われる意味には様々なものがあります。Crushにはどのような意味があるのか、例文とともに見ていきましょう。

交通事故

Crush、「ぶつかる」という単語は、交通事故の時にも使わる単語です。例えば、追突をしてしまい、前のトラックにぶつかってしまったという時に、

I’ve crushed to a truck in front of me.

と言うことができます。

自分からぶつかったのではなく、別の車がぶつかってきた時には、

The red car crushed my car in the traffic.

ということができます。自分からぶつかった場合にはBe動詞は使わずに”Crashed”と言いますが、ぶつけられた場合には受け身になるので、”was crushed”となります。

一目ぼれをしてしまった

「ぶつかる」のは、車だけではありません。時には、人の心が思わずぶつかってしまうこともあります。英語では、思わず一目ぼれをしてしまった時にも「ぶつかる」という意味のある”crash”を使います。

彼に一目ぼれをしてしまった、と言いたい時には、

I had a crush on him..!

ということがでいます。

また、友達の噂をしている時に、彼女があの男性に一目ぼれをしたらしいよ、という時には、

I heard she had a crush on that man.

ということができます。

便利な使い方で、盛り上がる話題でもあるので、例文とともに覚えておくとよいでしょう。

テーブルにぶつかった

ぶつかるのは車に乗っている時だけでなく、うっかり歩いている時にテーブルや壁にぶつかってしまう人もいますよね。テーブルにぶつかってしまった、という時には、

I crushed to the table..

ということができます。

大人でもよくあることですが、子供にまつわる会話をする際にはCrushを使うことも多くあります。例えば、息子が家の中で走って冷蔵庫のドアにぶつかった、という時には、

My son ran in the house and crushed to the fridge door

となります。

ぶつかる

★熟語も会話で覚える!大人気のマンツーマン・オンライン英会話★

PAGE TOP