フィリピンはコールセンターシェア世界1位!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界から集まるコールセンター拠点

フィリピンは、世界各国から集まるコールセンターの拠点となりつつあります。日本では、コールセンターの拠点を沖縄などに移動する企業が増えていますが、世界各国の企業では、自国ではなく、コールセンターをフィリピンに移動する企業が増えているのです。そのため、フィリピンでは世界からコールセンターが集まるだけでなく、コールセンターでの仕事も増えているのです。

大企業も利用するフィリピンのコールセンター

フィリピンに集まるコールセンターの中には、世界の中でも大手の企業も集まっています。フィリピンのコールセンターで働くスタッフには、高い英語能力が求められており、さらに英語になまりがないことも重要です。フィリピンのコールセンターでは、現地の顧客を相手に話をすることから、他国から人を採用するよりも、フィリピンの中でスタッフを採用し、コールセンターを運営していく企業が多いのが特徴です。

勤勉なのが特徴のフィリピン人

フィリピン人が多くコールセンターで採用される理由には、フィリピン人は勤勉で、真剣に仕事に取り組む人が多いという点にもあります。インド中では、少しでも給料に不満があったり、採用条件に満足いかないとすぐに仕事を辞めてしまう傾向にあります。それに比べてフィリピン人は、与えられた仕事に対して前向きに取り組むことから、現地のコールセンターでもフィリピン人が多く採用されているのです。

離職率が高くないフィリピン

世界では不景気が問題とされており、日本でも景気の影響を受けています。そんな中で、フィリピンは成長している国でもあり、フィリピンの中では離職率が低いというのも現実です。そんな景気の良い国だからこそ、安心してコールセンターをフィリピンへと移動していく企業が増えているのです。

コールセンター

オンライン英会話もフィリピンと繋がっていることが多いんです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PAGE TOP