【要注意】what is it?とwhat it is?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

What it is

関係代名詞を使った例文に、「それが何だったか思い出せない。」という文章があります。英語にすると、下の文章のAとBでは、どちらが正しいでしょうか?

A) I can’t remember what is it.
B) I can’t remember what it is.

答えは、Bになります。しかし、多くの人が間違えて言ってしまいやすいのがAなのです。「それが何だったか」の部分に”What”が入ると、ついついwhat is itと言ってしまいそうになるのですが、”what is it”の場合には、疑問形の文章になることから、文末に?がつくことになります。
「それが何だったか思い出せない。」という文章の場合には、文末に?はつかないので、疑問文ではなく、what it isを使って肯定文にする必要があるのです。

あれこれ説明するとわかりにくいという人は、とにかくたくさんの例文を見て覚えてしまうことで、自然と正しい文章を使うことができるようになるでしょう。

その他の例文

I know how many candies there are.

I know what color you like.

I wonder how the stage was.

こうして見てもわかるように、文末はすべて肯定文で終わっています。

What is it?

”What is it?”を日本語に訳すと、「それは何ですか?」という意味になります。この文章は、”What it is”のように、文章の中には混ぜずに、単独で使われることが多い表現です。

例えば、会話の中で知らない単語や言葉が出てきた時に、”What is it?”と質問することで、その内容について詳しく説明してもらうことができます。また、会話の途中でなくても、誰かの持ち物で、これは何だろう?というものを見かけた時に、”What is it?”と聞くことができます。このように、What is it?は、疑問文として使われるのです。

ハテナ

PAGE TOP