フィリピン留学中の「衣食住」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏をイメージした服装

フィリピンは、年間を通して気温が高いことから、夏をイメージした服装を準備してもって行くと良いでしょう。雨期や夜などは、多少涼しくなることもあることや、室内は冷房がきいていることから、ちょっとしたカーディガンなど、手軽に羽織れるものを持っていくとさらに安心です。

靴は、サンダルでも大丈夫ですが、運動靴が必要になる場合もあるので、どちらも持っていくと良いでしょう。雨も降るので雨に強い靴やサンダルがあるとさらに便利です。

日本人にあった食事

留学というと、留学先での食生活を不安に感じることもありますが、フィリピンにはラーメンなど、日本人が好む食事も多くあります。学校の中には、韓国が資本となっているところもあり、韓国資本の学校では、韓国料理が多く出される場合があります。辛いものが食べられない場合や、アレルギーがある場合には、前もって学校やエージェントに伝えておくようにしましょう。

滞在先のルールを確認

住まいに関しては、滞在先でのルールを前もって確認しておくと安心です。例えば、夜間の外出が禁止されていたり、自習が義務付けられている場合もあります。よくあるルールには、寮でも英語以外の言語で会話をすることが禁止されている場合があります。滞在先で定められているルールは、安全上の理由であったり、語学力を伸ばす為のものであることが多いので、できるだけルールを守った生活を心がけましょう。

リビングルーム

PAGE TOP