驚いた時に使える英語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スラングに要注意

驚いた時にとっさに出る言葉には様々なものがありますが、驚いた時にはとっさに言葉が出てしまうこともあることから、スラングに注意する必要があります。ネイティブスピーカーは、スラングを日常英会話の中でも多く使うことがありますが、上司の前や、公共の場ではやはりスラングはNGなので注意が必要です。

驚いた時には、日本語では「びっくりしたー」「たまげたー」など、様々な言葉がありますが、英語にも同じ驚いたでもシチュエーションや驚き具合などによって言葉を変えることができます。驚いた時に使うことができる英文をいくつか見ていきましょう。

Holly Cow!

ネイティブの中でも、どちらかというと年輩の人がいうことが多いようです。スラングに近い言葉ではありますが、そこまで汚い言葉ではないので、公共の場所で使うこともできます。あまりにも驚いた時には、Holly!だけをいうこともあります。

Ohh my goodness

驚いた時に便利な言葉のひとつで、様々な場面で使うことができる表現です。驚く場面を目にした瞬間んにいうことができます。

Ohh my gosh

Ohh my goodnessと同じ使い方で、ちょっと短くなった表現です。驚いた時や、びっくりするような状況を目にしたときに使うことができます。

Wow!

一言で簡単で、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでもどちらでも使うことができます。どちらかというとよい意味の驚きの際に使われます。Ohh wow!ということもあります。

状況をわきまえて使う必要がある言葉

驚いた時の言葉にはスラングもたくさんあります。中でもよく使われるのが、Holly shit!です。Shitはとても汚い言葉なので、ビジネスシーンや公共の場では控えた方が無難な言葉です。この言葉を使う際には、驚きの中でも、どちらかというと恐怖が入り混じった驚きの時に使うことができます。

例えば、見えるはずのないお化けが見えてしまった時に、”Shit”ということもあります。

びっくり

リーズナブルな価格で英語を鍛える!お申し込み前にトライアルレッスンも!

PAGE TOP