Buggingの意味と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

buggingには、「うっとうしい」といった意味があります。buggingは、実際の会話ではどのように使われているのか、例文と共に見ていきましょう。

The sun is bugging my eye…

太陽の光が直接顔に当たるとまぶしいものですよね。たまたま座った席がまぶしくて、カーテンを閉めてほしいと頼む際に、”Do you mind to close the curtain please? The sun is bugging my eye.”という事ができます。風が強くて目にほこりがはいってしまう時などには、”The wind is bugging my eye”という事もできます。

I’m sorry to bug you but…

誰か、仕事中に頼みごとをしたい時や、忙しそうな人を捕まえて質問したい時など。そんな時には”I’m sorry to bug you but could I have your hand for a moment?”「お忙しいところ恐縮ですが、ちょっとだけ手を貸してもらえますか?」という事ができます。電話をした際に、「お忙しいところ申し訳ありません。」と切り出したい時にも、”Hello, this is James, I’m sorry to bug you but I would like to double check the time for meeting tonight.” 「もしもし、こちらジェームズですが、お忙しいところ恐縮なのですが、今夜のミーティングの時間を確認できますか。」という事ができます。

虫!

bugは、「うっとうしい」といった表現の他に、「虫」という名詞として使うこともあります。例えば、虫が嫌いだと言いたい時には、”I hate bugs!”という事ができます。中には、hateは強すぎると感じる人もいるので、”I don’t like bugs” または、”I’m not good with bugs”と、柔らかめに表現することもできます。

ラズベリー

PAGE TOP