「英語」と「英会話」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「英語」とは?

一般的に英語が喋れるようになりたい時に、「英語の勉強をしたい」と考える人が多くいます。しかし、実は、「英語」と「英会話」では、同じ言語でも微妙に異なるのです。

英語とは、一般に英語の文法や文章の作り方、文章の読み方などを指します。中学校などで習うのは、「英語」なのです。英語を勉強することのメリットは、正しい文法や文章を身に着けることができます。特に、英語を勉強すると、読み書きに強くなるのが特徴です。

多くの日本人は、中学校などでこの「英語」を勉強していることから、多くの人が「英語」に対する知識を持っています。しかし、せっかく英語の知識があるのに、実際にしゃべることができないのは、「英会話」の勉強をしていないからなのです。

「英会話」とは?

英会話は、英語とは異なり、すでに持っている文法などの知識を使って、実際に会話をします。読み書きや文法などはほとんどせず、ひたすら英語で会話をして、英語での会話力を上達させるのが英会話なのです。多くの日本人は、英語の知識があるのに英会話の練習をしていないがために英語を話すことができないという、とてももったいない状態です。
それでも、英語に対する基礎知識はあるので、英語を話せるようになりたいと思ったら、英会話教室などに通うことにより、英語を聞いたり話したりすることに慣れ、続けていくことにより、実際の生活や仕事でスムーズに英語を使っていくことができるようになるのです。

外国人のおねえさん

リースナブルで本格的な英会話学習。申し込み前にトライアルレッスンあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PAGE TOP